看護師の年収

看護師で働いていて、年収の多い少ないのボーダーラインだいたい「500万」です。その程度は稼げるけど、それ以上稼ぐのはなかなか難しいのが看護師です。女性にとっては多い年収ですが、男性にとっては普通…むしろ将来的には低い…ぐらいですよねもちろん500万以上の年収がもらえる病院はたくさんありますが、それはそれなりに忙しくて残業が多かったり、休みが少なかったりするのです。

 

私が今勤めている病院は精神科であることもあり、年収は少なめ。480万くらいです。

 

同じ病院で働く同期と結婚したら旦那の収入もそれくらいってことか…と思うと、「安定職」とされてる看護師って、男性で考えるとたいしたことないんだなーとか最近考えるようになりました。給料が少ないところはそれなりに福利厚生がしっかりしていたり、残業がなかったり年休が多かったりすることをうりにしていることが多いですが
うちの病院もそうです。休みが多くて、保育所がついていて、短時間正職員制度もあります。女性にとっての利点が多いなー、と思いますよね。

 

保健師資格の取得で収入アップ

私も看護師としてのキャリアアップには興味があり、保健師資格の取得を考えた時期もありました。保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法を見てもわかるように、どの職場でも保健師の待遇は良いですね。

 

でも、やはり資格の取得には膨大な時間がかかってしまうのがネック…。

介護施設で働く看護師のお仕事

介護施設で働く看護師さんの仕事内容をお伝えしたいと思います。介護施設といっても色々な種類の介護施設がある中で、今回は、とある小規模多機能住宅での看護師の仕事内容をお伝えします。少人数の利用者さんと少人数の介護スタッフにより運営されている、とある小規模多機能住宅。

 

5名ほどの利用者さんと4名の介護スタッフ。その4名の介護スタッフのうちの1名が看護師資格を持っており、看護と介護の両方をしてらっしゃいます。介護スタッフは全員介護の有資格者なので、ある程度の体調の変化など、汲み取ることができます。しかし、利用者さんの入浴後に爪を切る、擦り傷の消毒など介護資格者ではできない行為は、看護師資格を有する1名のスタッフが行うことになります。

 

よって、介護がメインの仕事ではありますが、看護の仕事も同時に行うので、その1名のスタッフは他の介護スタッフよりは、さらに多忙になってしまいます。その多忙さもその彼女にとっては、以前勤務していた大学病院の病棟勤務に比べれば、大したことないと・・・。今のほうがゆっくり人と向き合って看護も介護もできるので、充実しているのだとも話していました。

 

参考サイト:全国高齢者施設看護師会